もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

多くの人が経験ある遺産分割協議

被相続人にあたる人が亡くなった際におこなうこととして、相続手続きがありますので、多くの人が相続手続きを経験していることでしょう。この相続手続きに関しては、遺産分割協議において遺産を受け継ぐこととなりますが、遺産の内容によっては相続人同士での遺産のトラブルなどが起こるケースもあります。

遺産のトラブルに発展してしまいますと、当初は想像していなかった費用や時間がかかってしまいますので、できる限りは避けたいと思うのが通常の考えでしょう。それであれば、弁護士に早い段階から相談しておくことをおすすめします。

遺産分割協議の進め方と注意点

遺産分割協議を開くのは遺言書がなく、相続人が複数いる場合です。被相続人が亡くなった時から相続は始まります。 遺言書があるかどうかを確認します。遺言書がない場合は、相続人が誰であるかを調べて全員を集めます。被相続人の財産のすべてを調べる事が必要です。

不動産や預貯金などのプラスの財産だけではありません。マイナスの財産には、支払いの終わっていない入院費や、所得税、住民税、公共料金なども含まれます。家のローンや車のローンも含まれます。借金だけではないので注意が必要です。遺産分割の協議を開いて相続人の合意が出来ない場合は家庭裁判所の調停を受けます。

遺産分割協議をスムーズに進めたい

被相続人が亡くなった時から相続が始まります。遺言書がなく、相続人が多数いる場合は遺産分割協議を開く事になります。 協議を開く前に、相続人が誰であるかを把握する事が必要です。財産のすべてを見逃さない事も大事です。

財産はプラスの分だけでなく、マイナスの分も知る事が必要ですマイナスの財産は借金だけではありません。明らかにマイナスの財産が多い場合には、限定相続や相続放棄を選択する事になりますが、限定相続は一人だけではできません。全員の合意が必要です。どちらも相続を知ってから3か月以内が期限になっていますので注意が必要です。

遺産分割協議でまとまらない場合

被相続人が遺言書を書かずに亡くなった場合に加えて、複数人の相続人がいる場合は遺産分割協議を行う必要があります。協議を開くには、必ず相続人全員を調べて集める事が大事です。もしも、協議が終わった後で新たに相続人が見つかった場合は、合意が出来ていたとしても、協議ははじめからやり直しになります。

被相続人の残した財産が現金であれば 、相続人に 等分に分けることが可能です。分配が難しいのが土地や建物などの不動産です。合意が出来なければ、売り払い現金に換えて分配する事になります。どうしても相続人全員の合意が得られなければ家庭裁判所で調停を受ける事になります。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産分割協議に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報