もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

借金相談は弁護士または司法書士へ

借金問題の解決については、法的な整理を考える場合には司法書士または弁護士に借金相談を行う事が大切です。

特に彼ら士業の団体では、定期的にあるいは不定期にこの問題に関する対応について無料の借金相談会などを行っています。まずは電話で話をしてみて申し込みを行い、その後実際に会ってみて話をしてみることになっていきます。

司法書士と弁護士のどちらに借金相談をするべきかですが、ケースバイケースです。ただし、借金の総金額が大きい場合などには、弁護士でなければ対応が出来ないことがありますので、相談時には注意が必要となってきます。

借金相談を司法書士におこなう

借金の相談を司法書士におこなう事は一般的になりつつあります。同じ法律家であれば弁護士よりも司法書士相談した方が、140万円いないという制限はありますが安い費用になることがあげられます。

また、早期解決を目指してくれますので、安心して借金相談をおこなうことができます。借金相談においてはさまざまなケースがありますので、相談してみないとわからないことも多いですが、一人一人にきちんと対応してくれますので、まずは相談してみることが大切でしょう。具体的に進めていきたい場合には、まずは無料相談などを利用してみるといいでしょう。

司法書士に借金相談して任意整理の手続きが始まったら

弁護士や、認定司法書士に借金相談をすると、任意整理の手続きを提案されることが多いです。手続きが開始されると借金の金額が、3年ぐらいで完済できる金額にまで減らすことができる可能性があります。

しかし、毎月の返済金額が減ったといっても節約を心がけて生活を続けないと完済は難しいのが現実です。そのため、つい新たに、お金を借り入れたいと考えてしまう人が少なくありません。

新たに融資の申し込みをされた貸金業者は、審査のため信用情報機関が管理しているので登録情報を照合します。そのときに、任意整理をしたという事故情報が残っているときは、審査が通らないことになります。

司法書士に借金相談すること

借金に困っている、自分ではどうすることもできなくなってしまった、という場合は自分だけで悩まずに信頼できる人に相談をすることが大切になります。例えば、信頼できる司法書士や弁護士の人に借金相談をしてみましょう。

身近にこのような専門の人が居ない場合は情報を集めて、頼りになりそうな人を探しましょう。そして、自分が悩んでいることを正直に話しましょう。相手にちゃんと説明をしないと、解決につながりません。自分だけで苦しんでいてもよくならないので、少しでも状況がよくなるように相談をしてみましょう。一歩前に進んでみることも大切です。

認定司法書士などに借金相談したときは新たな借り入れをしない

弁護士や、認定司法書士などに借金相談をして任意整理の手続きを進めることを依頼したときには信用情報機関が管理している個人情報に事故情報が5年間ぐらいは記録が登録されて残ることになります。

そのため、新たに借り入れをしようとしても審査に通過することが、ほとんど無いというのが現実となります。仮に、お金を借り入れることが可能な貸金業者が存在したとしても、任意整理の手続きをしている間に、お金を借り入れることを避けるべきです。お金を借り入れていることが弁護士や、司法書士に知られると信頼を失ってしまうためです。

借金相談に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報