もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

遺産分割協議は何故行うのか

遺産分割は、被相続人が残した財産について、誰がどの遺産を承継するのかを決める手続きのことで、遺書が残されていない場合に行います。どのように分配するかは全相続人の話し合いにより、自由に決めることが出来ます。

均等に分けるも、ある相続人の取り分を無くすような遺産分割も可能になります。遺産分割協議では、相続人それぞれに主張があるので、話がまとまらない事も多々あります。法律で決められた相続分があるので、それを基に円滑に進めることが重要で、相続人が持つ権利やポイントを押さえておくことが納得のできる相続に繋がります。

遺産分割協議も苦手としている人が多い

協議をしていくのがとにかく嫌だったり、自分の意見を伝えづらいように感じているなら、結構遺産分割協議は大変です。自分の意見を反映されるようにしないと、大きな問題が生まれる場合もあります。できることなら、自分が思っていることを全て伝えるようにして、問題なく終わってくれることを願ってください。

ただ、意外と要求が強まってしまい、明らかに不利な条件に変わってしまう場合もあります。不利な条件で分割されないようにするためにも、遺産分割協議では発言することが重要になっています。少しでも情報を伝えられるような方法で、有利に進めましょう。

遺産分割協議を作成するにあたって必要な事

故人の遺産がある場合、正しい遺言の内容に従い、遺産分割をします。しかし、遺言書が存在しない、もしくは確認出来ない場合に、相続人全員で遺産分割協議を行うことが出来ます。これは、誰がどれだけ遺産を相続するかを決める会議です。

相続人全員参加が必須で一人でも欠けた場合は、無効となります。全員が参加、協議を行って全員が同意した時、遺産分割協議書を作成できます。相続トラブルを回避するために、相続人全員のサインを確認して保管すると良いでしょう。また、弁護士のチェックを受けることで、記入漏れの無い有効な書物を作成すると安心です。

揉め事を起こさないように遺産分割協議をしよう

故人が亡くなって行うべき事は、遺産の分配があります。この遺産分配は、故人の所有していた遺産を、遺言書を基に行いますが、残さないケースも少なくありません。その場合は、相続人全員で分配する事になり、誰がどれだけ相続するか相談をする必要があります。

遺産分割協議は、相続人全員が納得しない限り、収拾が着かず、揉めることも多々あります。遺産の量や土地や家など分配しにくい物や価値が変動するものだと、スムーズに遺産を分割することが困難で、時間と労力を無駄に費やす、または後々揉めるケースもあります。そうならないように、しっかりと備えておく必要があります。相続人全員が満足のいく形で、遺産相続をしましょう。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産分割協議に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報