もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

借金相談や過払い請求はブラックリストに載るのでしょうか

借金が返済できない時は、弁護士や司法書士の事務所で借金相談をするのがお勧めです。返済方法を変えても返せない場合は、債務整理を受任してもらうことができます。受任通知が債権者に送付されると、取り立てが止まりますので、後は必要な書類を揃えて提出するようにしましょう。

ただし債務整理は5年間、場合によっては10年間ブラックリストに登録され、カードの申込などに影響しますので気をつけてください。また過払い金の相談も、弁護士や司法書士に事務所で受け付けてもらえます。また借金相談のみの場合、そして過払い請求の場合は、ブラックリストに載ることはありませんので、心配する必要はありません。

借金相談には司法書士の力も大事

相談しても、解決できない状況だったり、お金の面で足りない部分が生まれてしまうと大変です。また相談する相手によって、経験を持っているかわからないため、苦労する場合もあります。苦労しないように調整しながら、なるべくいい司法書士に相談するといいです。

相談する相手によって、経験がないのでわからない、どうすればいいかアドバイスも送れない人がいます。経験を持っている司法書士なら、どのような状況かも判断して、多くの問題にアドバイスを送ってくれます。わかっている人に借金相談を行うのが、効率よく借金を解決する第一歩です。

借金相談、やっぱり司法書士?

借金相談は、弁護士か司法書士にします。まずは近くの事務所を訪ねるといいでしょう。弁護士などは、敷居が高くて話しづらいイメージに包まれているかもしれませんが、心配要りません。困った人を助けるという点では、変わりません。無料の相談会が実施されることもあり、うまく利用すると費用は抑えられます。

依頼は見積もりを出してもらってから決定すればいいので、すぐに決まるわけではありません。見積もりでは、成功報酬などという曖昧な表現が出てくることもあります。精算時に、高額な費用を追加で求められるケースもありますので、初めによく確認して、できれば文書にしてもらうと、トラブルになりにくいです。

借金相談を司法書士や弁護士などの法律家に相談しよう

借金相談をしようと決めても、法律家に支払う費用から断念してしまっている人もいるでしょう。その場合においては、一般の人が気軽に利用することのできる法テラスの利用をおすすめします。法テラスであれば法律の相談窓口となりますので、現在抱えている借金や不安な点などを打ち明けることもできるでしょう。

法テラスを利用する人は民事法律扶助の制度を利用する人が多い点があげられます。この制度については司法書士などの法律家を紹介することで無料相談ができ、そのまま依頼する流れになった場合には希望をすれば無利息で費用を立て替えてもらえる制度になります。

借金相談を司法書士におこなう

司法書士に借金相談をできるようになったことを受けて、弁護士ではなく司法書士に借金相談をおこなった人もいるでしょう。もともとお金での悩みになりますので、できる限りお金をかけずに借金問題を解決したいと思うのは当然の流れであることでしょう。

しかしながら弁護士と異なり、借金の相談には制限が設けられていますので、相談する前にその制限が自身にあてはまるかどうかをきちんと確認することが必要になるでしょう。知らずに行って途中でわかり依頼をストップしてしまう事は、非常に勿体無いうことでもあり、時間もお金も無駄になってしまいますので注意が必要です。

借金相談に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報