もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

遺産分割協議は相続人全員参加です

遺産相続が発生した場合、遺言書の存在が確認出来ていれば、遺言書の内容に沿って遺産分割をしていきます。遺言書が無い場合には、残された家族で遺産分割協議を行います。この協議で誰がどの遺産を相続するのかを決めていき、協議の内容に従い遺産分割をします。

分割協議を行う場合には、必ず相続人が全員参加していなくてはいけません。1人でも欠席している場合には、分割協議は無効となります。全員が参加し分割協議を行い、全員が同意した場合には、遺産分割協議書を作成し、サインをして保管しておくことで、後からトラブルに発展することを防ぐことが出来ます。

相続人全員が参加し遺産分割協議をしましょう

遺産相続をする時に、遺言書を作成してくれていれば、遺言書の内容に基づき遺産分割を行います。遺言書の存在が確認出来ない場合、遺産分割協議を家族で行います。誰がどの遺産を相続するのかを分割協議で決めていき、内容に従い遺産分与をします。

分割協議をする時には、相続人が全員参加していなくてはならず、1人でもいない場合には、分割協議は効果を発揮することが出来ません。全員が必ず参加して分割協議を行い、全員が納得した場合のみ、遺産分割協議書を作り、押印をして誰かが協議書を保管することで、相続トラブルにならずに済みます。

遺産分割協議書でトラブルに巻き込まれないようにしましょう

遺言書の存在が確認できた場合には、遺言書の内容に基づき、遺産分割をするだけでいいのでとても楽です。しかし遺言書を作成してくれてない場合や、遺言書の確認出来ない場合は、自分たちで遺産分割協議を行い、遺産の分割をしていかなくてはなりません。

分割協議を行う場合には、相続人が全員参加をしていることが条件です。1人でも欠席している場合には、後からトラブルに発展することもありますし、分割協議が無効になってしまいます。後からトラブルに発展させない為にも、分割協議で全員が同意した場合には、遺産分割協議書を作り、全員が押印をして保管するようにしてください。

遺産分割協議書を作成するようにしましょう

遺産相続が発生したら、遺言書を作成してくれているか探すようにしてください。存在が確認できれば、遺言書の内容に沿って遺産分割をするだけでいいです。遺言書が確認出来ない場合は、遺産分割協議をして残された家族で誰がどの遺産を相続するのかなどを話し合い決めていきます。

必ず相続人が全員参加しているときに分割協議を行うようにしてください。1人でも欠席の場合には、分割協議は無効になってしまいます。全員が参加している中で、分割協議を行い全員が同意したら、後からトラブルにならない為にも、遺産分割協議書を作成して、全員がサインをして保管しておくようにしてください。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産分割協議に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報