もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

住宅を持っている場合の借金相談

司法書士に借金相談をしようにも住宅を手放すのではと心配する人は多いものです。確かに、自己破産をすれば財産も同時に失いますが、個人再生という債務整理方法を用いれば、住宅を手放すことはありません。

借金は5分の1になりますが、住居はそのままで債務整理を行うことが可能です。

自己破産と同様に裁判所を介した金融事件ですので官報に記載はされますが、借金は5分の1に減額されますので、あとは、利息分を除き、5分の1に減額された元本を一定期間で払っていけばいいのです。

一人で悩むより、早めに司法書士に借金相談をして楽になりましょう。

借金相談を受け付けている司法書士事務所は全国に存在します。

司法書士への借金相談について

弁護士や司法書士によって取り扱われている業務として、一般的な生活を送る方の場合でも関わりがある事柄の中に借金相談が挙げられます。無料での相談業務として取り扱われている事も多く、何か手続きが必要となった際にもそのまま依頼することができ、抱えている問題に対して丁寧に対応してもらうことができます。

金融会社との直接的な交渉や、裁判所への申し立てが必要な手続きも全て任せることができるため、借金問題のための新たなストレスを抱えることなく、日常生活のペースを維持しながら解決が目指せるため、頼りになる存在でもあります。

借金相談にかかる司法書士の費用について

借金相談を司法書士にするにはそれなりに費用がかかってきます。どういった費用がそれぞれかかってくるのでしょうか?まず共通してかかってくる費用が報奨金です。こちらは依頼に対して結果に基づいて支払うもので、成功報酬という呼び方もされます。

後は交通費や飲食代などの諸経費です。司法書士と弁護士の費用の内訳で大きく異なっているのが、着手金があるのかないのかです。こちらは借金関係ですと1社いくらという風にかかってくるのですが、こちらがある分弁護士の方が高くなってきます。2万円前後が相場ですので、依頼する金融会社が増えれば増えるほど、かかってくる費用も当然大きくなってきます。

借金相談を司法書士に依頼する利点

借金相談をわざわざ費用をかけてまで司法書士に依頼する利点いったいなんでしょうか?まず、過払い金や任意整理は金融会社との交渉が鍵になってきます。相手もずっとお金に関わる仕事をしてきているプロですので、簡単にこちらの条件を飲んでくれると限りません。

そういった際に、司法書士や弁護士に依頼することによって一切自分で交渉する必要がなくなってきます。どこから借り入れをしているのかと言う個人情報を最初に記載するだけで、後は全て対応してくれるのです。また依頼することによって今まできていた催促上などがなくなりますので、びくびくしながら対応することもなくなります。

借金相談するなら司法書士と弁護士どちら?

借金相談をする相手としては①弁護士②司法書士という選択肢があるかと思うのですが、一体どちらを選ぶべきなのでしょうか?そもそも2つに大きな違いはあるのでしょうか?基本的には弁護士への依頼金の方が高くなってくると言われています。

それは法律に関してできることが幅広いためです。司法書士の方が費用を抑えることができますが、借金関係に関しては140万円以下の案件した対応ができないため、これを上回るような金額の相談に関してはすることができませんし、受けることもできません。ただどちらも最近は無料電話相談を受け付けてくれているので、事前に電話でどちらに行ったらいいか判断することができます。

借金相談に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報