もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

遺産分割協議の計画を作る

計画を持っていれば、遺産分割協議も行いやすくなります。失敗を防ぐことができたり、日程を間違えてしまい、集まりづらい状況にならないなど、メリットを多くできるのです。様々なメリットを考えていると、遺産分割協議は早く進めることが良いので、計画もしっかり作らなければなりません。

丁寧に計画づくりに参加するようにして、問題が起こらないように調整しましょう。そして計画通りに進められることが大事ですから、とにかく計画に合わせて、多くの人に来てもらえるようにします。参加することを考えている人が、負担なく行けるような日程を考えましょう。

遺産分割協議をスムーズに

遺産分割協議は、遺産についての話し合いのことで、相続人が全員でどの遺産をどう分け合うかを決定させます。すべての相続人の同意が必要とされており、意見が割れたり決まらないときは家庭裁判所で調停となります。

そのようにトラブルになる事はよくあるため、スムーズな話し合いや遺産相続を行えるよう事前に知っておくことが大切です。遺言状の内容で、1人の相続人に残す財産がやたらと多く明記されていたり、不満がある場合、また、個人の介護に携わった程度などを遺産相続に反映させて欲しいなどの希望があるならば、弁護士などを雇うのも1つの方法です。

遺産分割協議で弁護士に相談するタイミング

被相続人が亡くなって、相続人が複数いて、遺言書がない場合には、遺産分割協議を開く事になります。大事なのは、相続人を全員集めてから協議を開催する事です。後から相続人が現れる事があれば、協議は初めからやり直しになるからです。

協議書がなければ銀行などの預貯金を引き出したり、名義の変更が出来ないことが多いです。現金であれば均等に分ける事が出来ますが、面倒なのは財産が自宅などの不動産だけである場合です。最終的には売り払って現金にして相続人で分け合う事になります。合意できそうにない場合は早めに弁護士に相談するのがおすすめです。

遺産分割協議の流れを知る

被相続人がなくなった時から相続の問題が始まります。配偶者がすでに亡くなっていて、子供は一人だけで、財産は子供名義の生命保険と自宅だけなどの場合は、もめる事もなくスムーズにいくのですが、ほとんどの場合は、相続人が複数いて、それぞれの相続人が少しでも多く財産を相続したいと思っているケースが多いです。

遺産分割協議 を開く場合は、事前に相続人全員を把握する事と、財産のすべてを調べる事が大事です。遺産分割協議は合意できない事も多いので、トラブルが起きそうになったら早めに弁護士に相談する事が得策と思われます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分なら弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪で遺言書作成、遺留分の問題、遺産分割協議、相続手続きのご相談はお任せください。

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺産分割協議に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報