もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation 過払い請求、債務整理、自己破産、相続手続き、遺産分割協議、遺言書作成の相談

弁護士なしで自己破産は可能か

できる事なら弁護士費用を支払う事なく、自分で自己破産を行って借金を何とかしたい、そう考える人は多いかと思います。

しかし、実際には素人にはハードルが高すぎると言う事もあるみたいで、弁護士なしでは自己破産は正直厳しいようです。自分でやってみても上手くいかないなら結局は弁護士を頼る事になるかと思います。

それなら、最初からお願いして自己破産を行った方がより早くスムーズに進める事ができるかと思います。決断しないといけない人もいるかと思いますが、ためらっていると余計に事態が悪化してしまうという事も考えられます。

ですので、法律家の助けが必要か否かという事はきちんと判断したいでね。

自己破産するべきケース

借金が重なると、精神的にも疲労がたまります。借金をした理由が、自分のせいで発生したのか他人から背負わされたなど他人のせいかはケースごとに異なります。しかしながら、借金をしているのは事実ですから、その事実を覆すなんてできません。

借金をゼロにするのであれば、自己破産すれば解決できます。任意整理などでは借金がなくなる訳ではありません。自己破産すると、不動産などを没収されたり、一定の条件があります。

今後の人生をどのように過ごしていきたいのか、借金とどのように向き合うのかを見極め、対応を考えていくといいでしょう。家族がいれば、そのことも十分に考えておくべきです。

自己破産で人生と向き合う

事業を興したものの、業績が悪化して廃業に陥るケースがあります。法律に従って、廃業手続きが進められれば良いのですが、借金まみれで廃業に至ることも少なくありません。従業員は出勤して初めて、自分が働いていた会社の状況を知るかもしれません。

退職金も給料さえも支払われなければ、生活にも支障を来します。今後の就職活動もしなければなりません。事業者は、自己破産するしかないでしょう。悩む余地などありません。全てを失うことになりますが、自業自得、受け入れざるを得ません。できれば、従業員、株主への配慮をすべきです。

自己破産しても負い目に感じる必要なし

自己破産に至るケースには、事業で失敗した、借金が増えて生活がままならないなど様々な場合があります。借金を帳消しにするなら自己破産するしかありませんが、自宅を没収されるなど条件があります。

従業員がいる場合は、対応を慎重に検討していく必要があります。従業員の生活を保証するというのは、給料や退職金の支払いにもかかわります。家族のいる従業員がいれば、その家族全員にまで責任があります。退職後の転職先についてもできる限りのことをするのが常識でしょう。破産しても負い目に感じすぎる必要はありませんが、責任ある態度と行動を心がけたいものです。

自己破産における懸念

自己破産を検討している人にとって一番懸念する部分が、自己破産をおこなったことに対しての不利益やリスクの部分ではないでしょうか。そのような懸念の部分や後ろ向きのイメージから、破産することを恐れている人も多くいるでしょう。

しかしながら、借金が深刻化している場合においては日常生活もままならない点があげられますので、しっかりとした判断と新たな生活のために破産は非常に有効な手段であることがあげられるでしょう。一人で考えていても解決の方向には向かいづらいですので、まずは弁護士や司法書士などの専門家に依頼してみることをおすすめします。

自己破産に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報