もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation

遺産相続手続きの知識

遺産相続手続きは難しいイメージですが、全体の流れをしっかりと把握して進めて行けば、それほど難しいものではありません。しかし、相続する遺産に土地等の不動産や借金等の負の遺産が含まれている場合は専門の弁護士に依頼をした方が無難です。遺産相続手続きを行う前に確認しなければいけないのは、遺言書の有無を確認する事です。

遺言書に書かれている内容は原則として法定相続分や相続人の意思等の全てに優先して実行されるためです。手続きを始める前に、しっかりと相続人の調査を行うことが重要です。相続人が揃っていなければ協議がまとまっても、結果は法的に無効になります。

遺産相続手続きで重要なこと

遺産相続手続きは、手続きに期限のあるものがあります。相続破棄や限定相続の期間は3か月です。どうしようかと、迷っている間に過ぎてしまうような短い期間です。相続破棄は、マイナスの財産を把握する事からはじまります。マイナスの財産は借金ばかりではありません。

残った住宅ローン、未払いの入院費用や、未払いの所得税、住民税、健康保険料などもありますから注意が必要です。相続破棄した場合はその次の相続人に順番が行きますので、連絡しておくのがいいです。子供が放棄すれば、亡くなった方の父母に行きます。父母がいなければ、兄弟姉妹に相続が行きます。マイナス財産がある事は伝えておくのがいいです。

遺産相続手続きで気をつけたいこと

遺産相続手続きで注意が必要なのは、期限があるものを知り、期限内で申告、手続きなどを済ませる事です。たとえば、遺留分減殺請求は、相続があったことを知った時から1年以内です。相続があった時から10年以内です。

遺言があって、指定された人にすべて財産が行く場合など、自分に遺産が来ない場合、法的な権利があっても、請求の手続きをしなければ相続できません。期限が過ぎてから気がついても遅いのです。もう一つなのは、相続放棄の手続きは、相続があったことを知ってから、3か月以内です。借金などのマイナスの相続があった場合は、この手続きが必要です。

遺産相続手続きで注意したのは期限です

相続した財産が基礎控除を超える場合や、相続税の特例を利用する場合は、申告手続きが必要になります。配偶者の相続税を軽減させたり、子供がいる場合の相続税に関しては、大幅に土地の評価額が低くなる特例があります。この制度を、小規模住宅地の課税価格の特例といいます。

また、農地などの相続税猶予などがありますが、申告の遺産相続手続き期限は3年以内となっています。しかし、相続税が基礎控除に収まる場合には申告の必要はありません。遺言書によって、本来は権利があるにもかかわらず、全く相続が出来ない場合は、遺留分減殺請求を行います。

遺産相続手続きに関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報