もう悩まない借金の整理方法!Debt Consolidation

遺言書作成はした方がいい?

小説やテレビドラマでは、よく家族を亡くした遺族が遺言書を見つけるという場面が出てきます。しかしながら、実際の生活で遺言書に出会ったことがある人の方が少ないのではないでしょうか。遺言書作成は、してもしなくても良いものです。ですが、自分の死後、何か伝えたいことがあるのなら、作成するのがベストです。

肩肘張らずに、想いを率直に書き出すといいでしょう。相続に関することなら、法律に従って記載する必要があります。法律通りでないと、無効とみなされてしまうので注意してください。分からないことがあれば、専門家に相談するといいでしょう。

直筆の遺言書作成は書く内容を問わない

生前に、用意しておきたいものとして挙げられるのが遺言書です。その作成方法には、いくつかの規則があったりと、調べてみなければわからないことも多いです。大体の人は、直筆で書くのが主流ですが、直筆で遺言書作成する際に、いくつか注意しなければならない点があります。

それは、必ず自分の直筆で書かなければならないことや、日付と署名や捺印が必要です。これがあれば、内容にはなにを書いていても大丈夫です。ですが、この規則を守って書いたからと安心せずに、保管した場所がわかるようにするのも、忘れてはならないことでしょう。

遺言書作成の良さはわかってもらえること

何も作らないでおくより、何かを残しておいたほうがいいとされています。そのために必要な要素としては、遺言書作成が一番いいとされます。残しておける文章をしっかり考えていけるようにして、しかも遺言書作成で効果的に遺産の分割ができるようになるなど、問題が起こりづらい状況を持っていけるのです。

作っていない場合と作っている場合で、トラブルになる可能性は大きく変わります。まずは作っておくことを前提にして行動して、いい状況に持っていくようにします。正しい情報を知っているなら、作成することも簡単にできて、残しやすくなります。

正しい遺言書作成方法

就活ならぬ終活という言葉が一時期話題となりましたが、人生の終わりに向けて自分を振り返って身辺整理をしておくのは大切です。そのひとつに、残された家族のために自分の財産を明確にしておくということがあげられます。事前に伝えておくのはもちろん、遺言書作成をして文面に記しておくとより確実です。

遺言書は法律により定められた形式があるため、注意が必要です。例えば、パソコンで作成したものや代筆したものは無効、不動産は登記謄本通りに記すなどの決まりがあります。不安であれば弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。

遺言書作成に関する記事

   

過払い、債務整理、自己破産、相続手続き、遺言書作成の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、神戸、千葉には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理、相続手続き、遺言書作成の相談以外のお問い合わせはこちら

Debt Consolidation

過払いの情報

債務整理の情報

借金相談の情報

遺産相続手続き・遺言書作成の情報

遺産分割協議

弁護士の情報